あなた本意の家づくり

釧路の設計事務所、一級建築士事務所 設計処櫻のブログ

釧路の家づくり「なんか分んないけどモヤモヤする」と感じた時にはぜひご相談ください 。 女性建築士があなた本意の家づくりをお手伝いします。

初めての怒るできごと

イメージ 1
 
 
先週金曜日。
引越して2週間の物件で床下で排水管の接続忘れが発覚。
 
なんでも、職人さんが「ふっ」と思い出したんだとか。
 
すぐに現地へ行き確認してもらうと
2階キッチンからの単独の排水管が床下で繋がってなく
床下の乾燥砂2m四方くらいが塗れている状態。
その下には、ビニールが敷かれているので
下部への浸透は、それほどでもない模様。
 
このような事は、話には何度か聞いたことが有るけど
私の監理物件としては初めてのこと。
 
排水管がキッチンからの単独のものであること。
独り暮らしで短期間なので排水量も大量では無いであろうこと。
などを考慮して、床下の土壌消毒をすることにして
施主へも取り急ぎの謝罪と説明をその日に行った。
 
まずは、早めに分かって良かった…と、ホッとしたけど
そして、フツフツと怒りが込み上げてくる。
色々と気を付けて色んなことを考えて、不都合な部分は
改善する努力をして、できるだけ完璧な状態にしようと
私がいくら努力しても、こういうことでパァにされる。
 
それは施主も同じだったようで、周りの人に聞いたり…
ネットで調べたりするうちに「大丈夫なのか?」という
気持ちが大きくなったようで、昨日、消毒の日程確認の
電話の時に怒りをぶつけられた。当然のことだと思う。
 
一応、施工会社の「完成」という報告を確認していたけど。
やはり、住宅でも…排水管などの確認のため
監理時に床下に潜らなければならないのか?
という疑念を私も持ってしまうわけです…。
 
施主の都合もあり、水曜日に再度伺い
謝罪および説明をさせて頂きます…。
 
私としても色々と怒りたい言いたいことは有りますけど
まずは、施主が納得のいく方法を考えなくちゃですね。
 
 
もし、ホントに床下に潜らないとならないなら
か~なりのダイエットをしなくちゃです ^^;
 
 
がんばれ~!といってくれるアナタ♡
ポチっとヨロシクお願いします~ m(__)m
 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧-
/.,mn
\./,o@・。、mんbv   路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/