あなた本意の家づくり

釧路の設計事務所、一級建築士事務所 設計処櫻のブログ

釧路の家づくり「なんか分んないけどモヤモヤする」と感じた時にはぜひご相談ください 。 女性建築士があなた本意の家づくりをお手伝いします。

老いる~コミュニケーション

ワタシの母は来月80歳になります。父は18年前に肺がんで他界しています。

f:id:sakura-design:20191111105650j:plain

日曜日の昨日、友人から沢山もらったジャガイモが有ったので、いももち(芋団子)を作って母と一緒に食べました。色々とお喋りをするのだけれど、最近、話の組み立てが少し難しそうだったり、ぼーっとしている時間や無気力感が増えたように見えます。でも、年相応なもの忘れは有るけれど、決してボケてはいません。

事情としては、今年7月からの抗がん剤治療による自宅療養に起因すのかもしれません。

母はマージャンが好きで、ここ数年、高齢の方が集まる場所に週1~2回行っては数時間過ごしていました。色々な同世代の人たちが集まるところでのコミュニケーションは楽しいようで、母はとても楽しみにしていましたし、帰ってきてからの会話も普通に交わしていたように思います。。

抗がん剤治療は順調で、副作用も髪が抜けること以外は殆どなく、生活は普通におくっているものの、その治療の性質上、免疫力が落ちたりするらしいので人が集まる場所には送り出せていません。心配しすぎかもしれないけれど、インフルエンザでも貰ってきたらと思うと怖いものです。

でも最近、これといった趣味が無い母が1日中家の中で過ごす毎日は彼女のコミュニケーション力や気力を退化させてしまうのではないかと考えてしまいます。家族がそれぞれ仕事を持つ中での関わる時間、会話は限られてしまいます。そんな彼女の週1~2回の楽しみを奪うカタチでの療養が果たして彼女のためになるのだろうか…これは家族の思いやりという名のエゴなんじゃないかと…考えるけれど答えは出ません。

そんなことを考えながら、この先…自分たちが老いたときにはどうなのか…ということを想像したりもします。

私たち夫婦には子供が居ません。どういうわけか…業界的なものなのか…年代的なものなのか、私の周りには子供が居ない、結婚していない、という女性が多くいます。その中の友人と話していることがあります。

「死んでから数日…数か月後に発見されるのは嫌よね」実際、切実な話です。

お互いに安否確認ができるシステムを作ろう!プライバシーは確保しつつコミュニケーションが取れるような建物を考えたい!とか、お互いに後始末ができるように必要な情報を共有できるようにしよう。などなど、まじめに考えたりしています。家族のつながりが遠方だったり希薄だったりする現代、自分の後始末は自分で考えていかないといけないのかもしれないし、その時の住まいのカタチも変えていかなければならないのかもしれません。

母の抗がん剤治療は、とりあえず今月末で終了します。早ければ12月中過ぎに一度、マージャンに行かせようかと思っています。マスクと手洗い必須で。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

 

♯Kutooに思う。

ワタシ53歳11か月…若い子から見たら「おばさん」と呼ばれる世代 ^^;

小さいときに母親のハイヒールを履いて(引きずって)怒られ(笑) 若いころは、そこそこに自分なりにお洒落して過ごし、男女雇用機会均等法が制定された昭和60年に二十歳になり翌年に就職。当時はお茶くみやワープロ操作などは女子社員の仕事。結婚したら退職するのが多かったという、まだまだ女性にとって働きやすい環境とは言えなかった時代ですけれど、なんとなくですけれど…今考えると、女性として会社に守られていたような気もします。

その後、平成9年、18年の改正を経た現行法では企業は仕事の内容や昇進などについて男女の差なく扱うことが求められています。

これは、雇用する側もされる側も、義務と権利のバランスと責任が求められる時代とも言えると思います。

f:id:sakura-design:20191109112310j:plain

今、話題となっている「ハイヒールやパンプスの会社からの強要」♯Kutoo。

そんな強要があるんだ!と、そういう強要されるような職種に務めたことが無いワタシとしては正直、ビックリ。もちろん、CAを始め、受付やショールームなどのスタッフ、葬儀社など「上から下まで制服」という会社があるのは知っていますが、今回はそういうのも含めて「女子だけパンプス強要はおかしい!」ということなんでしょうね。

ワタシが最初に疑問に思ったのは、ハイヒールやパンプスじゃなくて、ハイヒールのパンプスじゃないの?何センチのヒールからハイヒールなんだろう?というこの。3センチ?4センチ?5センチ?7センチ?10センチ?

ググってみると、パンプスとは甲が大きくあいていて爪先と踵が覆われている靴で、ハイヒールとは7センチ以上のヒールの靴とのこと。

確かに…人によるとは思うけれど、日常履く靴として4センチ以上のヒールは足が痛くなるかもですね。実際ワタシも務めていたころ、現場まわりはスーツを着ていてもスニーカーを履いてました。ただ、クライアントとの打ち合わせ時にはパンプスを履いていたし、長時間図面を書く時には…サンダルやスリッパに履き替えたり…かっこよく言えばTPOに合わせて、まぁ、気を抜くところは抜いて(笑)…という感じかしら。

これは、職種によるところが大きいと思うんですよ。

葬儀社やレストランのスタッフなどは、お通夜や葬儀、お食事に参列される「正装をした人」を迎えるのですから、男性も女性も、やはりそれなりに「美しく見える格好」が理想的。男性は磨かれた黒い革靴、女性はヒールの高さには3~4センチくらいの爪先が覆われた黒いパンプスが綺麗に見えるところかもしれません。これはきっと、CAやホテルの客室係もそうかもしれません。

お洒落をして高いお金を支払って楽しむ場所のスタッフが、カジュアルなスニーカーだったりしたら、それは少し違うかなぁ…と感じるし、車や家など高い買い物をするときの営業が男性だとしても履き古した靴やスニーカーだったら、少しガッカリするのでは?自分がお客さまになったと考えたときに、みなさんはどう思うでしょう。

だからといって、その時の健康状態や妊娠など様々な理由が有るので、ヒールの高さだけは自由に決められたらいいですね。そこは共生して欲しくないかな。

設計事務所の仕事は図面を書くばかりではなく、現場に行ったり、打ち合わせに出かけたり…特定行政庁と戦ったり(笑)…と、様々な業務があります。

クライアントとの打ち合わせの時にワタシが気を付けていること

華美な服装はしない(だからと言って、だらしない格好はNG)。昔務めていた設計事務所の先輩がとてもラフな格好を好む人で、その服装で打ち合わせに行ったときに「そんな恰好のヤツに家の設計は頼みたくない」と断られた…ということがありました(笑)

冬でもブーツを履かない

打ち合わせに、こちらから伺うときにはブーツは履きません。というのも、帰り際に玄関までお見送りされたとき、モタモタとしたくないからです。ブーツをはくというその数分間、お客さまを玄関先で待たせることになります。それがなんだか嫌なんです。なので、靴紐も基本的にはNG。

そして夏でも素足にサンダルも避けます。素足で人の家や会社に行くのは私的にはダメです。素足でスリッパをはいたり(はかれたり)素足のまま家の中を歩かれるのを嫌う方もいるからです。もちろん、自宅は裸足だし、嫌がらない人もいるのですけれど…これはマイルールです。

以前、女の子のスタッフがいたことがあるのですが、現場に行くことが有るのでそういう時にはスカート(特にミニスカート)やサンダルは避けるように指示したことがありますが…これもある意味「強要」ととられたのか…。今思えば、その後はずっとパンツスタイルだったような気がします。TPOで…と言ったつもりだったのですけれど…^^;

そう、服装にはTPOが大切なんだと思います。

何でもかんでもごちゃまぜに「女子だけ~」という理由で、反対するのはどうかな?と思うんです。考えたら、男性だってなれない革靴だと靴ずれするだろうし、足も痛いでしょうし、踵のすり減った靴を履いていたら、それは身だしなみとしてNGだと思います。この際、女子もキチンとしているのだから、男子もキチンとしてね。というところの平等をカタチにした方がいいかもしれません。

…と書いているワタシの今日の格好は、仕事はしてますけれど、すっぴんでラフな服装。打ち合わせも何も無い週末は、そんなもん(笑)

大切なのは、相手に不快な思いをさせないという思いやりなのではないでしょうか。

 

あ、ちなみに「女子だけ眼鏡禁止」これはあり得ないなぁ。衛生面とか…まぁ、いろんな理由があるんだと思うけれど…「女子だけ」の意味が解らん。理由を正当化したいのなら「男子も禁止」にしないとダメだわね。これまたビックリだわ。 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

 

間取りプランを考える~住人色々~

お家を考えるとき、最初に何を考えますか?

それは多分、どれくらい部屋が必要か…ではないでしょうか。

f:id:sakura-design:20191107155857j:plain

これは、15年ほど前にあるコンペに出した間取りプランです。実際に建つことは有りませんでしたが、私のお気に入りのひとつ。当時、お客さまからの要望が細かく書かれたものをベースに予算や立地を含めて考えたものです。

f:id:sakura-design:20191107161324j:plain

今、同じ条件で考えると、全く別物のプランが出来上がるかもしれませんが、この時に考えたことが部分的にですけど、実際に建ったお家の中に生きています。

この時考えた天窓からの採光は少し形は違いますけど、ホシヅキヨノイエで生かされています。

f:id:sakura-design:20191107174149j:plain

設計処 櫻/ホシヅキヨノイエ

併せて、建築の技術も日進月歩。昔やりたいなぁと思ってできなかったことも、今では普通にできる部分も有ったりしますから、それによってもプランは変わってきます。

そして、ワタシたち建築士も、何というか…デザインに対するマイブームがありまして、その時代で提案する建物の形や仕様が変化していたりもします。まぁ、そこはプロですから、あくまでも施主本意に近づけるために努力をします。

なので、今まで建てられてきたお家は、似たようなところはあったとしても、1軒1軒が全く異なるオリジナル。よく十人十色と言いますけれど、ご家族が住む家ですから、住人色々。10軒の依頼があったら何色あることか(笑)

間取り集から選ぶより、オリジナルな色々を探してつくり上げてみませんか?

櫻はそういうお客さまのお手伝いをしています。

お気軽に連絡ください。

北海道釧路の設計事務所 設計処櫻HOME

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

 

山ぶどうのジャム~ホイップクリームの裏技?!

今日はサンドしてみました。美味しゅうございます^^

f:id:sakura-design:20191105162253j:plain

 

この時期、とても楽しみにしている贈り物が届きます。

友人手作りの山ぶどうのジャムです^^

山ぶどうはもちろん天然もの。友人はせっせと熟した実を採ってはジャムにしてお友達に贈っています。ありがたやありがたらや!これが、かなり美味しいのです。

f:id:sakura-design:20191105161225j:plain

定番は、やっぱりヨーグルト。かけるだけで満足のおいしさです。

でも、これだけじゃもったいない。生クリームやアイスクリームにも合わせたい~と思いながら朝のTVを観ていたら、すんごい情報を頂きました。

 

生クリームを時短で泡立てる方法として

生クリームをペットボトルに入れて「ジャムを加えて」シャカシャカ振ると30秒で完成!

えっ!マジ?!これは試すしかないっしょ!

 

ということで、山ぶどうジャム入りホイップクリームを作ります!

f:id:sakura-design:20191105163612j:plain

ペットボトルだとクリームが取り出しづらい?と思ったので、100均でコップ型の密閉容器を購入。これだと、残ったクリームをそのまま保存できます。

クリームは冷蔵庫で十分に冷やしておきます。今回はちょっと多めにジャムを加えたからか、シャカシャカすること約15秒ですっかり出来上がり!!あら~~ホント、凄いわ~。生クリームと砂糖だけでも、シャカシャカすると時短になるそうだけれど、ジャムの力は偉大だわ。なんでも、ジャムに含まれるペクチンが作用するのだとか。料理は化学ってのが良く分かりますよね(笑)

f:id:sakura-design:20191105164950j:plain

あぁ…盛り付けセンスのなさに泣けてくるけれど…美味しかったから良しとしよう^^;

精進します(笑)

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

オリンピック~マラソン&競歩@札幌~

なんだかなぁ。東京(中央?)発信の情報番組に、ちょっとムカついてるワタシ。

f:id:sakura-design:20191104192531j:plain

札幌大通公園

オリンピックのマラソンが札幌開催に決まりましたね。IOCが決めたことだけど…東京都も難儀なことかもしれないけれど…決定した札幌だって全くのカヤの外。市民(道民)の民意なんて関係なく、その時期のお祭りやイベントなんて無視されて、もう10か月くらいしかない状況で、きっと関係者はてんやわんやのことでしょう。

お金はどこから出るの?警備はどうなるの?宿泊施設は足りるの?まさかこんなことになるとは思わない大きなイベントや会合は1年以上前から予約したりしてるでしょう。オリンピックで人が集まるよりも、もしかしたら札幌祭りやビアガーデン、その他のイベント開催や観光客誘致の方が北海道的には経済効果あるんじゃない?なんて話もあったり…?テロの可能性も無きにしも非ずですし…札幌市民や道民が手放しで喜んでいると思ったら大間違いだと思うのよ。

 

そんな中、札幌(北海道)をディスるようなこと言われて黙ってはいられない道産子。札幌市民ではないけれど黙ってられない。

誘致したわけでもなく…ましてや横取りする画策をしたわけでもなく…前述したようにてんやわんやの中で「東京(国立競技場)で観たかった」これはまだ分かるけど…「盗人猛々しい」とか「何もない札幌で走るなんてつまらない」とか…

情報番組の中で「何もないから実況中継泣かせだ。東京なら雷門とか色々と言えるのに」って司会者が言って「もう、アドバルーンあげましょ」なんてコメンテーターが面白おかしく言うのって何なのよ(怒)実況中継できないのは己の技術が無いからじゃないの?前から好きではない番組だったけど…もう観ません!

そんな中、今朝の志らくさんの言葉に少し救われたような思いがしたのは私だけではないんじゃないかな。

「札幌が裏交渉して持ってったっていうならね、怒るのは分かるけど、札幌にお願いをするわけでしょ?東京ができないとIOCが判断して札幌にお願いするなら、東京の人は【ホント申し訳御座いませんですね、札幌の皆さん。後はよろしくお願いします】って言うのが普通なのに、なんでみんなでよってたかってそんな札幌をディスるんだろう?悔しいって気持ちは分かりますよ。東京で見たかったって、その気持ちをぶつけるのは札幌ではない」

headlines.yahoo.co.jp

もちろん、これはあくまでも情報番組のお話。他に様々なことが既に、そしてこれから決まるのでしょうけれど、もっと開催地の意見を情報操作なしに拾ってほしいというのが願いかな。開催地がカヤの外で、お金の話も分からず時が過ぎるのは情けない。

もう、札幌で開催されることが決まったのであれば、それは「成功」という目標に向かって一丸となって頑張るのみです。こうなったら、「札幌で開催してよかった」「札幌、北海道は最高!」と、東京の人や世界各国から参加する選手、観光客に言ってもらいましょう!!!

ワタシが生まれる前年、1964年に東京で開催されたオリンピック。東京オリンピックの後に生まれたというだけで若い!と言われた時代もありました(笑)今度は、2021年生まれの子たちが、そういわれるのかもしれませんね~。

札幌からちょっと遠い釧路だけれど…応援します!札幌ガンバレ!!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

猫のいる生活

f:id:sakura-design:20191102101238j:plain

おばニャンはミタ

設計事務所には猫が似合う…と思う。実際、私の知るところでの設計事務所に猫の居る確率は非常に多い。猫の気まぐれな性格やしなやかな自由さに憧れる建築士が多いということだろうか(笑)

仕事として家づくりの相談を受けるときの「猫同居」の確率はそんなに高くは無いのだけれど、その思い入れは他のペットよりも大きいかもしれません。

 

ホシヅキヨノイエ

ニャン部屋 - あなた本意の家づくり

f:id:sakura-design:20191102102702j:plain

このお家は猫(雑種・黒猫)と犬(ミニチュアダックス)と人間4人(夫婦+娘さん2人)が同居するお家です。鉄骨のらせん階段下を猫専用の部屋にしています(この他に犬専用のスペースもあります)猫飼いさんの中では賛否両論ありますが、このお家では各スペースを区切ることで上手に生活をすること選択した例です。

実は住宅を建て始めたころ、この黒猫さんは一緒に保護された同じ黒猫の兄弟と一緒でした。完成間近になったころ、その兄弟猫が突然亡くなってしまいました。寂しくないようにと考えた猫飼いさん(施主)は、写真右上に見えるように、アイアンのかごに入れた骨壺をこの猫部屋の天井からぶら下げました。

そして今年の夏、新しく子猫を迎え入れたようです…が、成猫に合わせて格子を造っていたので出入り自由(笑)猫飼いさんはネットを増設して対処したようです。

 

BLUE(新築ののち増築)

設計処 櫻/Blue

6年前に新築した美容室併用住宅ですが、新築当時は猫飼いさんではありませんでした。数年後、猫を迎え入れ今では2匹の猫飼いさんに(=^・^=) それも有って、昨年、サンルームと猫道を増築しました。1階の店舗横に作った部屋と2階の住まいを猫道となるダクトを既存のキャットタワーで繋いだのです。 

f:id:sakura-design:20191102112651j:plain

↓ キャットダクトの動画

https://www.facebook.com/keiko.yamazaki.75/videos/1568082906626035/?t=3

 

猫の居る生活。

f:id:sakura-design:20191102113131j:plain

こんな感じで…仕事の邪魔をする呪縛もありますが(笑)

その癒しは何物にも代えがたいものです (=^・^=)

 

ぜひ、猫飼いさんの家づくりは櫻にご相談くださいませ。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

Column02 -ネット時代-

先日、ある仕事に向かう車の中で仲間と色々と話をした中で…ここ数年の「インターネット」が普及したことでの変化が話題となりました。 

f:id:sakura-design:20191030160502j:plain

インターネットが普及して二十数年?今では、その利用もスマホタブレットなどが多くなり、総称でざっくりと「ソフト」と呼ばれていたものが「アプリ」と呼ばれるようになり(笑)とても身近な存在となりました。それによって、私たちの仕事環境も少しずつ変わってきたように感じます。

  • 建築士】講習会に来る人が減ったよね~

毎年、私が所属する建築士会が委託されている建築士向けの講習会だけでも数回あり、その他にも様々な講習会が開催されます。そういう講習会への参加人数が年々減っています。もちろん、地域的な建築士の数が少なくなっている。というのはありますが、色々な情報をネットで得られるようになった。というのも大きな要因だと思われます。

確かに、法律や条令、ものによっては解釈についてもネットで知ることができるようになりました。ただし、ネットででてくる情報が最新のものとは限りませんし、法改正が有ったなどの大元の情報を知っていないと検索できませんから、講習会で強制的に説明されるそれとは違い、知ることができる情報の選択は自己責任になってしまいます。

f:id:sakura-design:20191030160926j:plain

特に今年は建築基準法の改正が多く、重要なものも多かったのですが、設計事務所の管理建築士である建築士でも「知らなかった」という人も多く…少し驚きました。建築士として、法律を知らないということは、クライアントに迷惑をかけることに直結しますから、知る努力をすることは建築士の義務です。多少、時間と費用が必要ですが、最低限、法改正などの講習会には参加することが必要だと考えます。 

  • 【クライアント】知識は増えたよね~

ここ10年で、住宅関連、特にデザインに関するサイトがとても増えました。そういったサイトを一般の方が見ることで、ご自分で持つイメージを組み立てやすくなったり、「こういう家が好き」とか「こういうインテリアで過ごしたい」ということを伝えやすくなったと思います。もちろん、融資や住宅の性能に関してもネットで色々と情報を得ることができます。これはとても選択肢が増え有意義なことだと思います。

f:id:sakura-design:20191030170732j:plain

ただ、検索できることが普通になってくると、その情報に振り回されるということも多々起こってきます。「ネットにはこう書いてた」という呪縛とでも言いますか…「こうでなければいけない」と思いこんだり、カット毎の良いなと思うデザインや☆の多いデザインを組み合わせることで全体のバランスが取れなくなってしまったり…情報が多くなった分、選択することが難しくなっているのかもしれません。 

 ・【世間的に・・・】ちょっとビクビクしちゃうよね~

設計処櫻は今年で開業18年。当初からツールとしてHPとBBS(掲示板)を始め、11年前にBBSをブログに移行し、情報の発信や建築士として考えたこと感じたことなどを記事としてUPしてきました。その間、もっと頑張ろう!と思えるコメントを頂いたり、稀ですが…誹謗中傷と感じるような匿名のコメントも書かれることがありました。中には自分の書いた記事がもとでクライアントとトラブルになったことも…長くやってきた中での反省点でもあります。
最近は、Facebook、LINE、TwitterInstagramなどなど…SNSで自分の意見や考え方、作品など色んな物事を人に知ってもらう機会を自由に作ることができます。それは、実名だったり匿名だったりするわけですが、先ほど書いたようなトラブルに発展するリスクも有ったり、最悪は「炎上」というカタチで収集がつかなくなったりします。最近では、少数な個人的意見でも大きく取り上げられる傾向があるようですから、それはそれで発信する側にとっては窮屈なことでもあるし、すこしビクビクしてしまうことでもあります。誰か分からない人の目を気にして書きたいことを書けない…というのは本末転倒。自由なようで不自由な時代なのかもしれませんね。

 ・【自己責任】書いてあることが全て正しいとは限らない~

ワタシも仕事でもプライベートでもネットで調べ物をすることが多いです。まぁ、毎日のようにPCの前に座っての仕事ですから当たり前ですが。
自分が使っていて感じるのが、ネット上の情報は多種多様、色々な立ち位置で書かれているものですから、全て自分にとっての正しい情報とは限らないということです。特に口コミ情報の信憑性はいかに…という感じです。今、まさに〇ログなどで問題になっていますよね。それに限らず、お金を支払うことで露出度が多くなるというのは、どの業界でも同じことかと思います。

建築の問題として多いのは、地域性としての可否が大きいということです。インターネットの情報、特にデザインについての情報は、日本全国、世界各地…と、その区域に関係なく美しいもの優れたものが表示されています。寒冷地である北海道では、断熱的・構造的に無理なことも多く、同じ北海道でも、道北、道南、道央、道東…などなどの地域によっても考え方が変わったりしますから、同じように建てられないというものもあります。まぁ、そういうことを「できるだけ可能に」することもワタシの仕事の内なのですけれど。ネットでの雑多な情報の中から何を選択するかは全て自己責任。そこで完結させずに、できれば建築士設計事務所などのプロに確認してみることをお勧めします。

 ・【とはいえ…】便利な世の中よね~

とはいえ…20年前と比べると、とても便利な世の中になりました。打ち合わせもメールやLINEで画像付きでできるし、現場からも画像を送ってもらうことで早急な解決ができるし、時間的にもとてもスムーズに進めることができるようになりました。

ただ…便利になった分、いつも時間に追われているような感覚になってしまうのは私だけでは無いはずです。携帯電話が無く、まだポケベルだった頃の少しのんびりした時代が懐かしく思える今日この頃…たまに不便な生活も良いかもしれませんね(笑)