あなた本意の家づくり

釧路の設計事務所、一級建築士事務所 設計処櫻のブログ

釧路の家づくり「なんか分んないけどモヤモヤする」と感じた時にはぜひご相談ください 。 女性建築士があなた本意の家づくりをお手伝いします。

除菌スプレーを手作りしてみた。

マスクが品薄の中、アルコールの除菌スプレーも…ない ^^;

講習会などに出る機会が多い季節、できれば除菌スプレーを持ち歩きたいなぁ~と思っていたら、あら!除菌スプレーって手作りできるのね!ということで…

f:id:sakura-design:20200220101951j:plain

除菌スプレーを手作りしてみました ^^

souji-megami.com

 

無水エタノールで手作り除菌スプレー

この無水エタノール。実は、模型作りの時にスポイトの接着剤などを掃除するとき用に買ったものでボトルの半分以上残ってました。それに買ってきた精製水を加えて除菌スプレーを作ります。アトマイザーは100均のもの。

模型作りがコロナウィルスの予防につながるとは凄いことだわ(笑)

無水エタノール80%、精製水20%の割合で作ります。ただ、この除菌スプレー。粘膜には使用しないこと…塗装された製品では塗膜が剥がれる可能性が有るなど、取り扱いには注意も必要です。

 

お家の除菌で注意すること 

家のドアノブなどを消毒すると良いとTVなどで言われていますけれど、それらが塗装品の場合、アルコールの濃度によっては塗膜を溶かしてしまう可能性が高いですから注意が必要。(市販の家具用除菌スプレーなどは大丈夫のようです)

実際、うちでは無水エタノールを塗装した集成材にこぼしてしまった時には塗膜が剥がれてしまいました ^^;

塗装かどうか分からない場合には、目立たないところで試してみるか、アルコールを含まない除菌剤を使用することをお勧めします。

 

工事に関する遅延の可能性

中国での新型コロナウィルスでの工場生産の停止などの影響が、とうとう日本の建築業界…釧路の工事にもでてきてしまいました。

メーカー毎に、どういう状況かが分かる資料が櫻にも流れてきました。大手メーカーの便器やUB、タイル、その他様々なもので遅延の可能性がでてきています。

幸い、私の現場では大きな遅延や出荷不能というものは今のところ有りませんが…今後、事態が長引くと春からの工事に何かしらの影響がでてくるかもしれません。

きっと施工会社の皆さんはてんてこ舞いかと思います。施主へのお願いも増えてくるかもしれません。

年度変わりですから、大変なことも多いでしょうけれど、でも…これは、きっと誰も悪くない不測の事態。早く収束することを祈って皆で乗り越えていきましょう!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

そういうことをやってる場合では無いのでは?

日本でも新型コロナウィルスの市中感染の可能性が騒がれ

マスクの品薄が続き、家族に子供や高齢者、妊婦がいる家庭では感染を防ぐためにどうしたらいいかピリピリ。うちは母が抗がん剤治療をしているので、余計にピリピリ…病院に行くのにも気をつかいます。

大企業では時間差通勤を推奨し、大きな会合やイベントを中止。

多くの人が、正しい感染予防の知識と、正しい対処方法を早く知りたいと願う中

あの国会は無いでしょう(怒)

桜がど~とか、説明責任がど~とか…果ては退席ってあり得ない。

ワタシは支持政党も無いし、最近は少しアンチ自民だったりするんだけれど、この大変な時に、んなことはど~でもいい!国民の命の安全を守るために議論して決めなければならないことが沢山あるはずです。

零細・中小企業の中には、どうしても大手企業のような防衛策をとれない会社も多いと思うし、「仕事があるから少しぐらい熱があっても体調が悪くても休めない(休まない)」という人が減らないと思います。

大きなイベントは中止になっていたりしますけれど、様々なイベントや講習(研修)会などについても「取りやめる」という決断ができないまま、それが元での感染が広まっていくかもしれません。参加は個々で判断するように。としたら、「お付き合い上」断れなかったり…しますよね。同じようなことが全国で起こっているのだと思います。

確かに、何でもかんでも止めてしまうと経済が回らなくなってしまうし、それは大問題ですが…このまま「個々の判断」に任せておいて良いのかしら…考えてしまいます。

もっと国として、キチンとした基準を設けて、それに従って開催側が決断しやすい状況をつくることが重要なんじゃないのかしら?と考えます。

春に向けて、受験を含め様々な会合やイベントなどが多いことと思います。

開催側の責任やその後に予想される様々な問題を回避するためにも、そういったところでの正しい感染予防を含めた正しい開催方法を取りまとめて欲しいものです。

 

さて、まじめにお仕事の話。

ここ釧路では、今はまだそれほど影響は出ていないですけれど、今後、もし長引くと住宅建設に関わる資材にも影響が出てくるかもしれません。中国生産の資材も多いですからね…コストに跳ね返ってこなければ良いのですが…。

ということで、お仕事お仕事~~~!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

input→output→input→output…output…

f:id:sakura-design:20200217094743j:plain

土曜日、仕事帰りにご馳走になった釧路町のロ・バザールの「カキボナーラ」釧路町仙鳳趾(せんぽうし)の牡蠣が主役のカルボナーラ。厚岸も牡蠣で有名ですが、それに勝るとも劣らないのがこの釧路町仙鳳趾の牡蠣。やっぱり美味でした^^

これは、身体と心へのinput(インプット)。栄養は身体に、美味しさや満足は心に沁みわたります(笑)

インプット、仕事上ではとても大切なことですね。

ワタシの仕事でいうと、建築基準法を始め色々な法律の知識、省エネルギー性能の為の計算や設備などの知識、新商品(材料)や新工法などの知識…などを常にインプットし続け、必要な場面でアウトプットしていくことが重要です。そのために、セミナーや講習会に参加しています。

でも、講習会やセミナーで得られない知識もあります。

それは、デザイン。

もちろん、講演会や勉強会で得られる刺激はありますしけれど、もっと様々なアイディアの種を得られるような刺激が欲しくなります。実物を見に行ったり、掲載雑誌を見たり…ネットサーフィンしたり…自分の好みに限らず色々と探索しますが、どうしても仕事が忙しくなるとここの部分のインプットができずアウトプットが続くことで喉が渇くような感覚になることがあります。今、少しそんな感じかもしれません。

f:id:sakura-design:20200217113555j:plain

そんな中、昨日届いたASJの冊子。一応、登録建築家なので(笑)毎号送ってきます。色々な建築家の作品を見ることができ、寒冷地でには向かないものも多々ありますけれど、たまにヒントになることがあります。これも大切なインプット。

インプットが無いとアウトプットできないですからね~。心と頭の栄養、たくさんとりましょう~!!

世間では、インフルエンザもそうですが、新型コロナウィルスも感染の可能性が広がってきたようです。栄養を取って免疫力をあげて、マスクと手洗いを忘れずに感染を防ぎましょうね!!

ちなみに…こまめに水分をとって喉をを潤すことも大切とのこと。こちらもインプットが大事なようですね ^^

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

あなたの防災、考えてますか? 女性視点の防災ワークショップⅡ

ワタシが所属する(一社)北海道建築士会釧路支部の女性委員会(道東ブロック)で開催している「女性視点からの防災ワークショップ」

sakura-design.hatenablog.com

 

第1回目は昨年11月30日に行われ、それを踏まえて…2月8日に第2回目を行いました。

f:id:sakura-design:20200212103848j:plain

今回はまず、紙上避難所運営ゲーム「Doはぐ」を2グループに分かれて行いました。

f:id:sakura-design:20200212104231j:plain

避難所は、釧路工業高校の体育館と教室の一部という想定で次々と集まってくる避難者(カード)を案内(配置)し、様々なイベント(インフルエンザやトイレの詰まり、ペットや盲導犬の取り扱いなど)を皆で話し合いながら解決、運営していきます。

f:id:sakura-design:20200212104719j:plain

ガードは同じですが、グループ毎に少しずつ考え方(運営方法)も違ってくるところがこのゲームの考えさせられることです。

ゲームを終え、その内容を踏まえて「避難所運営」をする際に重要なことや、こういう決まりごとが有ったらいいなと思うことなどを意見交換しながら検討し、その結果を発表します。

f:id:sakura-design:20200212110140j:plain

f:id:sakura-design:20200212110233j:plain

各グループで色々と違いがありますけれど、共通することとして「赤ちゃんや小さな子供とお母さんの居場所」や「授乳室」を設けるあたりが、さすが女性視点という感じでしょうか。

また意見として

・運営は男女比が同じくなるように本部を決めることが必要

・初動としての名簿管理は非常に重要

・避難者の中からスタッフを募ることが必要

など、第3回目に向けての検討事項が盛りだくさんです。

第3回目は【自分たちでできること・社会への提言】ということで、3月中に開催する予定です。もし、参加したい!という方がいらっしゃいましたら、ぜひコメント下さい。

 

日本中、かなり高い確率で大きな地震が起きる予想になっていますし、台風や大雨による洪水、竜巻などの災害も多くなってきていますから、ワタシたちにとって防災はとても身近なものにしなければなりません。

あなたの防災、真剣に考えていきましょう。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

ぽっ家 -Pokke-

ここのところ釧路は非常に寒い日が続いています。

釧路っ子でも、さすがに-10℃以下は寒いし、毎日真冬日が続き-20℃近くまで気温が落ちると家に籠りたくなります(笑)

そんな日々を過ごす中、新しいおうちが始動したことは先日記事にしました。

sakura-design.hatenablog.com

そのおうちの名前は「ぽっ家 -Pokke-」

「ポッケ」はアイヌ語で「温かい」という意味だそうで「温かい家」「温かい家庭」となって欲しいというコンセプトをくっつけて「ぽっ家」としました。

音の響きも可愛い「Pokke」

工事監理に行くときには「ぽっけに行ってくる♪」とか、現場監督と話すときにも「ぽっけの~~~」とか…「ぽっけの会議」なんて、なんだか楽しそうです ^^

f:id:sakura-design:20200210161449j:plain

もしかすると外観が少し変わるかもしれませんけれど、現在の模型はこんな感じでスッキリしたデザインです。

f:id:sakura-design:20200210161616j:plain

間取りはほぼ決定で、あとは設備などを含めた詳細寸法を決めていく段階になりました。

模型を見ながら、広さや高さなどを確認しながら打ち合わせするのですが、やっぱり、施主さんも図面やパースなどよりも模型の方がイメージがつかみやすいようで、自然に会話も弾みます^^

f:id:sakura-design:20200210163458j:plain

「ぽっ家 -Pokke-」新しいカテゴリーができました。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

吾輩は新しいお家である。名前はまだない^^;

新しいお家づくりの始動です。

f:id:sakura-design:20200205094845j:plain

昨年から約2か月半、打ち合わせを重ねプランを熟考。模型を用いての最終確認を経て、これから実施図面作成へと進む予定です。

 

そこで工事名称をどうしようか…考えるわけです。

一般的には、〇〇さま邸新築工事となるのでしょうけれど、図面は見積の際に意図しない色々な業者に渡されることが多く不特定多数が目にすることから、できるだけ施主名を表に出さないようにしたいという思いもあり、ひとつひとつに家づくりへの思いやコンセプトを込めた名称を付けています。

よく業者さんから「どういう意味ですか?」と聞かれた「ぐるりんち」は、お家の中をぐるりと一廻りできる平面計画から「ぐるりと廻れる私んち」⇒「ぐるりんち」

「ホシヅキヨノイエ」は、星空の美しい立地だったので、各部屋に設えた天窓から夜空を楽しんでもらいたいという思いから名付けました。

 

さて、このお家。どういう名前にしましょうか。

たくさんの思いが込められた、このお家ならではのコンセプト。温かい我が家。近日、カテゴリーをつくります^^

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

クマが出るぞ~!

仲間から「クマが出るぞ~!」という一文と一緒に添付されていたチラシf:id:sakura-design:20200202101303j:plain

櫻がある釧路町の隣町、標茶町でのまちづくり講座。

うちから40分くらいのところにある「憩いの家茅沼(かやぬま)」という町営の温泉施設(現在閉館中)のリノベーションの基本計画を建築家の隈研吾氏が手掛けていられるという事で、町民に向けての口座が開催されました。

私も何度も利用した温泉施設ですし、何よりも隈さんと原さんの話となれば興味津々!ということで、先輩と共に行ってきました。

町民講座…ではありますが、釧路市を始め近隣市町村から建築士や建設業者がかなり集まり…知っている顔がチラホラ…というか、あちこちに(笑)

講演は写真撮影禁止とのことで、画像は有りませんが…とても面白かったです。

原氏の話では世界的なインバウンドの傾向から、とても幻想的な自然があるなど標茶町の魅力あるところと、それを生かせられていないというところなどが語られました。

隈氏からリノベーション案の模型やパース、プラン案の説明がありました。最初、模型を見たときには「建て替えなのか?!」と思うほど、建物の印象が変わっていました。でも、プラン図を見て説明を聞くと「あぁ!」「へぇ~!」と納得。凄いです。

語られる内容に私として色々と思うところがありますけど…それは追々…。

1時間ちょっとの講演が終わり、知り合いに挨拶をしてロビーに出ると、仲間の一人が隈さんと話してる!ということで、私も少しだけご挨拶。会場を後にしました。

帰りに先輩とランチに寄ったお店に、な、なんと!町長率いる隈さん、原さん、スタッフ一行もご来店~!これには少しビックリしました( *´艸`)

f:id:sakura-design:20200202111916j:plain

そして、時は過ぎ…夜は建築士会釧路支部の総会だったのですが、そこには、さっき標茶町会場で見た顔がいっぱい(笑)話のネタがいっぱいだったことは言うまでも有りませんが、その中で「あぁ~!隈さんと一緒に写真撮ってもらうの忘れた!」ということに、みんなで気付く…という失態。まぁ…そんなもんですね ^^;

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/