あなた本意の家づくり

釧路の設計事務所、一級建築士事務所 設計処櫻のブログ

釧路の家づくり「なんか分んないけどモヤモヤする」と感じた時にはぜひご相談ください 。 女性建築士があなた本意の家づくりをお手伝いします。

私がハマる10の理由「韓流ドラマ」

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由

 

昔、冬のソナタが流行ったとき見向きもしなかったワタシですけど…

ここ2年ばかり、韓流ドラマにハマっています。

その中でも、1回40分くらい?全120回ほどのドラマにハマっています。

多分、日本でいうところの昼ドラ的な感じ?

さて…ハマる理由は何なのでしょうか…^^;

10.川沿いの高速道路の夜景を撮影した美しい写真壁紙画像

 

1.偶然?必然?運命?な相関図

実は親子だった…兄弟だった…登場人物がどこかで繋がる不思議。そして必ずと言っていいほど出てくるDNA検査とその改ざん ^^;

世間は狭いという言葉では片づけられない圧巻の相関図とシナリオが凄い(笑)

 

2.家族の愛と上下関係

ハイモニ&ハラボチ(祖父母)、アボジ&オモニ(両親)、その他、目上の人には絶対に逆らえない。でも、子を思う親、親を思う子の絆を描く場面もとても多いのも韓流の特徴なのかも。文化の違いなのか…ドラマの中だけの話なのかよく分からないけれど、なんだか良いなぁ~と思ったりもしちゃいますね。

目上の人に反論をしてはいけないようで…これが誤解や回り道の根源になることもシバシバ。え~!なんで言わないの?なんで聞かないの?!ってつい口に出しながら観ています。

そして、愛情が愛憎に変わるのが韓流ドラマ…たまりません(笑)

 

3.ショッキングな事故シーンとちゃっちい医療シーン

韓流ドラマに交通事故はつきもの!というくらい頻度が高いし、そのシーンはかなりショッキングな演出がされている。立ってる人に横からトラックがぶつかるなんてのは、見ていてドキドキしてしまう。事故にならずとも、危ない車(バイク)から助けることで別のドキドキが始まるシーンも多い。韓国は交通事故が多い国なのでしょうか。

そして、事故の後病院に運ばれる医療シーンは思いのほかちゃっちくて驚きます。大きな病院だけれど、救命救急が???なシーンがとても多く少し幻滅。

心臓の手術中の医者が普通の白いマスクをしていたのにはちょっとウケました(笑)

そういうのに突っ込みをいれながら観るのもなかなか楽しいものです。

 

4.なんでもありの財閥の悪行と従順と裏切り

何が恐ろしいって…これが恐ろしい。お金を積めば人を消すことも何でもない…警察だって関係ない的だし、白を黒に帰るのは簡単なこと。ホントに財閥ってそうかの?と事実を知りたくなったりします。そこには絶対的従順な手下がいて、信じていても裏切りがあったり…そして、とても綺麗な奥様(嫁)がいて秘密と陰謀があります(笑)

ドラマを何本かみていると、それらがどう動くか予想しながら観るのが癖になります。

 

5.メインストーリーとサイドストーリーが同時進行

最近の日本のドラマの3か月ワンクールでは展開できない物語の掘り下げが凄い。主役を取り巻くメインストーリーがあって、それと同時に脇役のサイドストーリーも一緒に進行するのが面白い。そして、この部分が深刻なメインストーリーの中でほのぼのした気の抜けるところだったりするので良い感じで観ていられるのです。

 

6.世の中の残酷さと温かさ

韓流ドラマを観ていると世の中の残酷さに目を覆いたくなるような場面があります。もちろん、そういう風に作っているのでしょうけれど…本当に世知辛い。でも、昔は日本でもそういうドラマが多くあったような気がします。自分のことで精いっぱいで他人のことまで構ってられない…そういう感じ。世の中甘くないというのを思い知らされます。そんな中、養子を我が子のように育てるというような優しい人がでてくる温かいドラマもあります。基本、財閥は冷酷で一般人は優しい…的な感じ?(笑)

 

7.家に見る文化の違い

まずは財閥の豪邸。家族が集まるリビングには大きな階段があって、家族のシーンがその階段の前のソファーで繰り広げられます。部屋の中は色んな場所に数段の階段が多く、とてもバリアフリーとは言えません^^; 家の外観は様々ですけど…庭は広いのに車は路駐ですか?と思うシーンが多い。たまにとってもモダンな家も出てきて凄いな~と思ったりもしますが、ワタシは韓屋のほうが気になります。というか、韓屋のDNAを引き継いだ現代の建物…ああいう造りも良いなぁと、とても興味があります。

庭があって、そこに大きなテーブルのような縁台?があって、ご飯を食べたりキムチを漬けたり…なんだか、そんな生活に憧れたりします。

それにしても、韓国人は「風にあたる」「散歩に行く」とか、外にいることが多い気がします。息が真っ白な季節でも…。そういう文化なのでしょうね。

 

8.食べた~い!韓国料理

ドラマを観てると…まぁ美味しそうな料理がいっぱいでてきます。ワタシはどちらかというと財閥の食卓よりも一般家庭の食卓の方が好きです。あの、おかずの多さが羨ましい(笑)あれを毎日用意するなんて大変そう…と思うのですけど、あれは一般的なのかしら?実際の家庭を見てみたいワタシです。

でも、食卓で鍋から直接スプーンで食べるとか、ビビンバを一つのボウルから数人が直接スプーンを使って食べるとか…インスタントラーメンを鍋から箸で直接分けて食べるとか…には最初はビックリしました。あと、ひとのご飯の上におかずをのせること。これ、日本では子供にはやりますけど、大人同士ではあまりやりませんよね。まぁ、それも文化の違いなのでしょうね。

それにしても…あの作り立てのキムチを食べてみたいですぅ~(笑)

 

9.気が強い女と尽くす男(のちに変わる?)

昔、東京に住んでた時に、飲食店で韓国人夫婦のケンカを見たことがあります。女性が大声を上げながらハイヒール片手に男性に襲いかかり、男性は負けない大声をあげながらお酒のボトルをもって応戦していました。結果、知り合いと思われる人数人に羽交い絞めされ店外に出て行ったので、その後どうなったのかは分かりません。

あの時は特別なんだろう…と思っていましたけど、ドラマを観てて特別ではないことが分かりました ^^;

恋愛ドラマでは、好きな女性に、とにかく男性が優しく尽くすパターンが多くみられ、日本の女性からすると羨ましいシーンが盛りだくさん。そして俳優がこれまた魅力的で韓流スターの人気が出るのも頷けます(笑)

しかしっ!どうやら結婚すると…変わっていくらしい。同じドラマでも親や祖父母などの世代になると全く違いますからね~男と女は難しいようです。それは日本も一緒でしょうかね(笑)

そして、キャラクターとして外せないのが、色々と画策するプライドが高い意地悪な女と、なんだか抜けている憎めない男。これが無いとストーリーが成り立たないくらい重要なものです。この二人にイライラしたり笑わされたりしてドロドロを楽しみます(笑)

 

10. なんだか観ちゃう(笑)

まったりと仕事をしている土曜の午後…実は今も観ながら書いてます(笑)

いわゆる流し見。こんだけ観ても韓国語が良く分からないワタシは語力に欠けているようです。まぁ、唯一話せる日本語もおぼつかないのだから仕方ない ^^;

そういえば韓流ドラマって、BGMや効果音がとても多いような気がします。流し見なので、聞いている部分が多く…そういえば、あまり無音という印象が有りません。 

日本のドラマって、そこまで音が多くないような気がしますけれど、どうかしら?

相関図から色んな展開を想像して「そう来たか~」と言いながら観ていますが…毎回思うのは、展開はゆっくり色んな罠や謎があるのに…120話もあるのに…終焉はバタバタと尻切れトンボ的に終わるのが凄いな~ということ。最近の日本のドラマもそうですけど、それが上手くいくと余韻を残した「もう少し観たかった」になるし、上手くいかないと「で、何?」となる。難しいし、好みもありますよね、きっと。

そして、映像がとても綺麗なものも多くあります。そういうドラマの構図や風景、照明の感じがとても好きです。綺麗だから観たくなる…そんな感じでしょうか。

 

…と、長々と書きましたけれど、そんなわけで韓流ドラマにハマっているワタシの悩みは睡眠時間が減ってしまうこと…まぁ、仕方ないですね~(笑)

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧-
/.,mn
\./,o@・。、mんbv   路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/