あなた本意の家づくり

釧路の設計事務所、一級建築士事務所 設計処櫻のブログ

釧路の家づくり「なんか分んないけどモヤモヤする」と感じた時にはぜひご相談ください 。 女性建築士があなた本意の家づくりをお手伝いします。

祝成人式~2022年問題?

今週のお題「二十歳」

 

新成人のみなさん。おめでとうございます^^

f:id:sakura-design:20200113111643p:plain

令和2年。今年の新成人は全国で122万人だそうで、女性よりも男性が4万人多く、総人口比は0.97%。

1996年。ワタシが成人式を迎えた年の新成人数は182万人、男性の方が4万人多く。総人口比は1.50%。

日本の総人口は、ここ数年で減ってきてはいるものの、この2つの年を比べると、今の方が500万人ほど増えているようですから若者人口はかなり減っているようです。

 

さて、さっきTVを見てたら、なにやら2022年問題という言葉が。

はて?それは何?と思ったら、2022年度から民法上の成年が18歳に引き下げられる…ことになってたんですね…^^;

www.gov-online.go.jp

で、成人式をいつにするのか?は各自治体の判断に任されている…ということらしい。

そうね~。高校卒業と同時に地元を離れる子が多い地域などは、確かに18歳に式典をした方が良いのかしら?と思う反面、受験などで大変な時期に式典に参加する精神的、経済的な余裕があるんだろうか?とも思います。

成人式を18歳にすることのメリットとして、どこかのお偉いさんが「華美な服装では無く学生服で式典に出られるから経済的だ」なんて言っているようだけれど、それ、いつの時代の話ですか?(笑)これを機に式典を見直しても良いのかしら?とも思いました。

 

ワタシは高専卒業が20歳だったので、成人式、卒業式、就職など、大きなイベントがド~ンとありました。就職で釧路を離れることになっていたので、その前に小中学校の同級生に会える成人式は意味あるものだったと思います。でも、18歳で釧路を離れた若者たちは成人式に帰ってくるのもなかなか大変なのだと思います。う~ん、これは地域によって意見が分かれるところなのかもしれませんね。

 

まぁ、18歳になったからって、20歳になったからって…社会人もいれば学生もいるわけで成人式に出たからって大人になるわけでは無いとワタシは思います。

色んなシチュエーションで「大人」を感じることができるけれど、人間日々成長…どの段階が本当の「大人」なのかは、人それぞれ違うのでしょう。

 

ちなみに…二十歳を成人式とするならば…結婚してから今年で丸20年。結婚生活成人式を迎えることに、さっき気がつきました…(笑)

あ、世間的には結婚20年を「磁器婚式」というのだそうです。

へぇ~!と、またひとつ知識が増えて大人になった気分のワタシです(笑)

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

<a