あなた本意の家づくり

釧路の設計事務所、一級建築士事務所 設計処櫻のブログ

釧路の家づくり「なんか分んないけどモヤモヤする」と感じた時にはぜひご相談ください 。 女性建築士があなた本意の家づくりをお手伝いします。

暑い日に・・・

今週のお題「暑すぎる」

 

気が付くと1か月以上のご無沙汰でした。

全国的に暑い夏となっていますが、ここ釧路でも数日間暑い日がありました。

 

f:id:sakura-design:20200822180839j:plain

そんな夏の日曜日、母が逝きました。

 

3年程前にあと半年と言われた母でしたが、その後も治療のための入退院を繰り返しながらも、つい2か月前までは普通の生活ができていました。

体調が思わしくなくなり、入院したのが亡くなる2週間前。

コロナ禍での入院は面会禁止。

様子は看護師さんに聞くしか手立てがありません。

食が細くなっていた上に偏食の母が病院の食事を食べられるはずもなく…看護師さんが介助に入ってくれていても食べられない日が続いていたそうです。そして、せん妄の症状もでてきているとの説明をうけますが、その状況も私たち家族には想像するしかありませんでした。

 

どうにか自宅に連れて帰れないものか…と考え、医師やケースワーカーに相談し、在宅看護(終には在宅でのみとり)ができるように準備を進めていました。

 

でもそれは、叶いませんでした。

 

病院から「個室にうつして24時間面会を許可します」と言われたのが金曜日の昼。

金曜日の夜、土曜日の朝…昼、夜…時間が過ぎるごとに弱り辛そうにしている母に家族が交代で付き添い、背中や足をさすりながら話しかけ、ともに時間を過ごすことができました。

そして日曜日の朝、眠りながら旅立った母の顔は穏やかで家族は救われました。

 

コロナ禍ですし、ゆっくりと送り出したかったこともあり、葬儀は家族だけで行う家族葬で行ないました。

小さな平屋建ての会場には、小さな祭壇と家族が泊まれる布団が用意され、冷蔵庫や流し台、シャワーもあり、気を遣うことなく家族でゆっくりと過ごすことができました。

家族だけで見送るというのは、とても良いお葬式だと思います。

 

家族葬の難点は、誰も知る由もないので、電話もメールも普通にくる…というところでしょうか(笑)

お盆明けだったので特にかもしれませんけれど…13日に消防から指示書が来たらお盆中に対処するしかないですよね~^^;

 

この3年間、ワタシができることはやってきたので大きな悔いはありませんけれど

面会が許されて会った時の母の一言

「(2週間)長かったよ~長かった。」が耳に残ります。

 

今、入院中の方や家族の方は、この面会禁止にどれだけ寂しさと心配を募らせているか…そう考えると、この新型コロナウィルスが憎らしい。どうか早くワクチンや特効薬が開発されるよう、心から願ってやみません。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧-
/.,mn
\./,o@・。、mんbv   路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

波に飲み込まれてしまわぬように…

今週のお題「2020年上半期」

 

今年も あっという間に半年が過ぎ7月も既に19日目。

1月

とある新年会のハンドベル演奏に参加することから始まった2020年。会議も新年会も、もちろん仕事も普通にやってましたね。「今年も気が付くと12月~なんて感じで1年が早いんだろうね~」笑って言っていたものです。

f:id:sakura-design:20200126154253j:plain

啄木・雪あかりの町・くしろ

2月

標茶町隈研吾氏の講演会に参加することから始まり、総会とかワークショップとか研修会とか、新築の打ち合わせなども結構忙しく活動していましたが、北海道でも新型コロナウイルスクラスターが発生するなどして28日には国に先立って緊急事態宣言が出され、基本的には外出制限となる自粛が要請されました。

f:id:sakura-design:20200212103848j:plain

建築士会女性委員会 防災ワークショップ

3月

緊急事態宣言の中でも現状進んでいる仕事は止めるわけにもいかず…4月の新築住宅の引き渡しを目指してラストスパート!新規新築の図面打合せも進む中、会議やワークショップなどは全面的に中止となってきました。各住設メーカーの納品が遅れるなどの影響も顕著になりはじめたのもこの時期でした。

高齢で加療中の母がいることもあり、朝の検温から始まる毎日。自分の平熱が低いことを知りました(笑)

f:id:sakura-design:20200315043415j:plain

4月

北海道の緊急事態宣言は3月19日に一旦解除されたものの外出自粛は継続している中、新築住宅の引き渡しも無事に終わり、ホッとしたのもつかの間…新型コロナウィルスの感染者は増え、7日に政府からの緊急事態宣言が発令され経済が止まることになりました。在宅勤務やリモートなど業務体制が変わり、ショールームなどの営業やサポートもできない、見積も遅れまくり…という感じになり、企業も試行錯誤をしていた時期かと思います。

f:id:sakura-design:20200403100757j:plain

5月

 緊急事態宣言はいつまで続くのだろう…という不安の中、話題といえばアベノマスクと特別給付金がどうなっていつ届くのか。あとは毎日のお家ごはんの話(笑)
外出自粛は相変わらず続いていたけれど仕事で外に出ることもシバシバでしたけど、全国的に感染者が減ってきていたし、何より、ここ釧路での感染者が5/17以降は出ていないことへの安心感がありました。そうして25日に緊急事態宣言が解除されました。

f:id:sakura-design:20200531094902j:plain

6月

コロナウィルスへの対応方法も少しずつ分かってきて、マスク着用やソーシャルディスタンスを保ちながら、新北海道スタイル、今までの普通とは違う「日常」を過ごすことになった6月。マスクや消毒薬も普通に買えるようになって、リモート会議はもちろん、普通の会議も「1人/4㎡+時間短縮」で復活。住設のショールーム予約制で検温消毒をした上で営業するようになり、このまま新スタイルでの日常が戻ってくるような気がしていました。

f:id:sakura-design:20200620183312j:plain

 

そして、後半戦が始まった7月。

東京では1日の感染者数が300人に迫る勢いで更新され、感染者が少なくなってきていた札幌でも昨日は13人と徐々に増えてきました。 どちらもホストクラブやキャバクラなど「夜の街由来」とのことですけれど…いかに「無症状感染者」が多いという結果なのだと思います。本当にいやらしい性質ですね、このコロナウィルスは。 

f:id:sakura-design:20200719110840j:plain

グスベリの実がつきました

前からこのブログで書いているように、ワタシの母は呼吸器系の癌を患っている高齢者です。もしワタシがどこかで感染したら、毎日食事を共にしている母に確実にうつってしまいます。そうすると命にかかわります。

ワタシ世代の人たちには多い悩みかもしれませんね、これ。

施設に入ったら…入院したら面会ができないという歯がゆさがずっと続いてますし、そこが確実に安全な場所だとは限らないわけで、どこにいても感染リスクは伴います。だからといって「仕方ない」や「運命」などと命を割り切ることはできません。

 

そんな中、マスクをしていない人たちも増えてきたように思います。きっと、最初のころよりもどこか…周りに感染者が出ていないという「根拠のない安心感」があるのかな?と思ったりもしますが…。一昨日、釧路でも2か月くらいぶりに感染者が出たことを考えると、最低限、マスクは必要と思ってしまいます。感染者は中学校で給食の配膳をしていた女性らしいですけれど、どこから感染したのかは発表はありません。

 

今のところあまり影響を受けていないワタシの仕事ですが、これからの経済状況による影響が今後、半年…1年…と、どのようにでてくるのか…少し…いえ、かなり不安はあります。これは建築を生業にしている人たちに共通することかもしれません。

 

直近でワタシが悩んでいるのは、8月初旬に札幌で行われる会議への出欠と…ショールームの見学。そして、もっと悩んでいるのは、工業高校からのインターンシップの受け入れをどうするのかです。

特にインターンシップは受け入れたいのは山々なのですが…若者の無症状感染者が多いことを考えると感染リスクが0ではありませんし、それよりも怖いのは、もし万が一…その期間後すぐに、学校などでクラスターが発生したりした場合には、感染発症はしなくても、濃厚接触者となれば2週間?自宅待機で仕事ができなくなる可能性も有るということです。

個人事業主は全てが自己責任ですから、リスクは回避したいところです。が、後進の育成と考えると、できることなら受け入れたい…とても悩むところです。きっと感染状況を見ながら締め切り直前まで悩んで決めることになりそうです。 

f:id:sakura-design:20200719110948j:plain

7月、仕事場からの夕焼け

この先、経済活動を止められないとするならば、感染もまた止められないのかもしれない。もしかすると、このウィルスは地球上に溢れてしまった人間を淘汰するために生まれたものなのではないか?とさえ思えます。でも、歴史的にもそれが繰り返されて今が有るのでしょうから、人類はこれからも乗り越えていくことでしょう。

 

 2020年は後半戦もまた、このいやらしい新型コロナウィルスとの戦いの日々なのでしょうが、感染を予防することに試行錯誤しながら、ワクチンや特効薬の開発を待つ…という感じになるのでしょうか。

 

自分の生活環境の周りにおこる小さな波や大きな波。その波に飲み込まれてしまわないように、両足で踏ん張って頑張る!それしかなさそうですね。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧-
/.,mn
\./,o@・。、mんbv   路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

お題「私の好きなアイス」~寒暖差50度で食べるバニラアイス💕

今週のお題「私の好きなアイス」

 

夏でも全く暑くない北海道釧路地方ですが(笑)

icotto.jp

tenki.jp

アイスクリームは大好きです(笑)

 

ここ道東は、美味しい牛乳の産地ですから、おのずと美味しいソフトクリームやアイスクリームが沢山あります。

あの有名なハーゲンダッツの原料となる牛乳は浜中町産。

tenki.jp

厚岸町の極みるくのソフトクリームも美味。

www.ja-kushirooota.or.jp

標茶町北川牧場の生乳を使ったミルキークラウンのソフトクリームもウマウマ~♪

こちらミルキークラウンさんでは、只今、生乳の地方発送もやってますよ!

www.milkycrown.com

 

この他にも沢山のアイスクリーム店が立ち並ぶほど美味しい乳製品に恵まれている釧路地方ですけれど…私がたまに無性に食べたくなるのは

 

f:id:sakura-design:20190809075510j:plain

とうきびアイス(モナカ)ロッテ

これ、2003年8月からロッテで販売されていますけど、その昔、私が子供の頃は雪印から販売されていた懐かしい味です。もしかすると…北海道限定なのかしら?

 

そして、最近見ないけれど…メロンボール?そう、メロンアイスです。

u-note.me

井村屋から発売されたのは1973年だそうで、昔は本当によく食べていたような気がします。当時の価格は30円!この頃…ビンのラムネも30円だった記憶があります。

 

これと同時期に、よく食べていたのは通称「おっぱいアイス」(笑)これ、色んなメーカーで出しているようだけれど…ワタシが子供の頃によく食べていたのは、どこのアイスだったのかしら?💦

 

北海道では夏だけではなく、寒~い冬の日にストーブを点けた暖かい部屋でアイスを食べることもよくあり、これがまた美味しいのです(笑)

ワタシは…

真冬。外と内の寒暖差が50度近くになる、薪ストーブ燃える暖かい部屋で食べる濃厚なバニラアイスが一番好きです💕

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧-
/.,mn
\./,o@・。、mんbv   路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

 

あなた本意の家づくり~釧路の建築設計事務所 設計処櫻のブログ - にほんブログ村

景色を生活に取り入れる

じりじりしてる今朝の釧路。とっても釧路らしいお天気です。

じりじり?って思ったあなたにご説明(笑)

tokuhain.arukikata.co.jp

「じり」って海霧のことらしいのですけれど、↑の説明の通りです。

 

夏には、そんな「じり(海霧)」が湧き上がってくる根室の花咲に建つお家でも、秋から冬にかけては綺麗な夕日を見ることができます。

 

【潮霧の家】

*潮霧の家 カテゴリーの記事一覧 - あなた本意の家づくり

f:id:sakura-design:20200626102612j:plain

1月、花咲港の向こうに沈む夕日が綺麗です。電線が少し邪魔ですが…^^;

この景色を眺められるようにリビングを2階に配しています。

潮霧で夏を感じ、夕日で冬を感じる。それが日常の景色です。

 

【ホシヅキヨノイエ】

*ホシヅキヨノイエ カテゴリーの記事一覧 - あなた本意の家づくり

f:id:sakura-design:20200626102507j:plain

こちらもリビングからの眺め…青空と山!実は外は他人の牧草畑を借景(笑)

実は、1.8mくらい下がったところにビニールハウスが有るのですけれど、それが視線に入らないようにリビングの床高を調整してあります。

夜は降ってくるような満天の星を眺めることもできるこの立地。なので、2階には天窓を多く配しています。

youtu.be

この畑には、タンチョウも飛来します。何と素敵な景色!

(動画のピントが合ってなくてごめんなさい…)

 

【フェアリーガーデン】

*フェアリーガーデン カテゴリーの記事一覧 - あなた本意の家づくり

f:id:sakura-design:20200626105905j:plain

こちらはダイニングの窓から。キッチンに立っても同じ景色を見ることができます。

ここから先は道路が無いので建物がありません。窓から外を見ているとキタキツネやエゾシカと目が合うんだとか(笑)

そよ風で揺れる白樺の木のサワサワという音も生活の一部です。

 

ご紹介した3軒は別荘ではありません。普通に住んでいる戸建住宅です。そういう土地が通勤圏内にあるというのも北海道、道東ならではかもしれかせん。

そして、コロナ禍でリモート業務の可能性も広がりましたから、もしかすると、釧路に住みながら在宅ワークで仕事をする…というのも身近になるかもしれません。

 

建物を設計するときに「景色になるような外観」を考えることが多いし重要だけれど、住む人にとっては、日常に溶け込む目に見える景色も大切だと思います。

新興住宅街ではなかなか難しいことかもしれないけれど、住む場所(敷地)を探すときに「景色を楽しむ」も取り入れると、より豊かな毎日を過ごすことができるかもしれません。

 

釧路の夏は涼しいですよ~!ちょっと暮らしてみませんか?^^

長期滞在(ちょっと暮らし)北海道1位のまち釧路|北海道釧路市ホームページ

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧-
/.,mn
\./,o@・。、mんbv   路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

やっと行けたショールーム

うちから車で走ること8分くらいのところにLIXILショールームがあります。

6/8に予約を入れて、やっと今日行くことができました。

近くて遠いショールーム(笑)

sakura-design.hatenablog.com

 

お友達のお家のリフォーム工事。

ユニットバス、洗面化粧台、キッチン、トイレ…etc を決めにきました。

 

午前中は3組限定のようで、手指の消毒、検温の上、ポリ手袋着用。その後、体調などの問診(アンケート)と住所と名前、連絡先の記入。有事の際には連絡がある(連絡をする)ということを説明されてからのショールーム見学です。

もちろんマスクは必須ですが、3組なので、アドバイザーの誘導によって他のお客さまと接近することもほとんど無くスムーズに見て歩くことができました。

f:id:sakura-design:20200620183312j:plain

良いね~~~(笑)

ユニットバスでの一コマ・・・リラ~ックス!浴槽はこのタイプで決まりです(笑)

週明けにプランと設計見積が出来上がってくると思うので、あとはお願いしている積算を見ながら調整して、一番心配な住設の納期と工務店とお客さまの都合を合わせてハッキリとした工程を組まなくてはなりません。
でもまずは…どうか予算内に収まりますように~~~と心から祈っています(祈)

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧-
/.,mn
\./,o@・。、mんbv   路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

イマイチ…良く分からないんだけれど。

緊急事態宣言が解除になり、新生活様式による経済活動が始まって半月。

イマイチ…良く分からない。それはワタシだけなのかしら?^^;

f:id:sakura-design:20200614175913j:plain

庭のジャーマンアイリスが咲きました💕

最近、近所で遊ぶ子供たちはマスクをしていないのをよく目にします。

コンビニやホームセンター、スーパーなどでも…レジに並ぶ人の中にはやはりマスクをしていない人も目立ってきたように思います。

スーパーなどの入り口付近に置いてある消毒薬を使わない人もよく目にします。

この調子だと、家での手洗いや消毒も疎かになっているような…。

 

幸いにも、釧路地方での感染報告は無い状況ですが、ビジネスなどでの道内及び道外からの人の出入りが無いわけではありませんし、来訪者在住者含めて中には、無症状感染者が居るかもしれません。

 

道内だけを考えると、新規感染者は殆どがクラスターによるものらしく、経路が追えているようなのですけれど、東京の新規感染者を見ていると経路を追えない感染者が街中に居るように思えます。

f:id:sakura-design:20200615172828j:plain

庭のチャイブの花…エゾネギとも言うらしく花食用らしい~

そんな中、経済活動をしていくわけですが…新生活様式…北海道では新北海道スタイル…が、どうもよく分からないワタシです^^;

・マスクを含め「咳エチケット」も守る。

・部屋の換気をする

・手洗い、消毒をする。

・密(閉)を避ける。

・2m離れる(ソーシャルディスタンス)

 

はて?マスクをしててもソーシャルディスタンシングが必要なのかしら?^^;

 

TVを観ていると、熱中症予防として、距離をとって離れている場合にはマスクを外して…と言っているけれど、2m離れていたらマスクは必要ないのかしら。

ググってみると、フィジカルディスタンシングを保ってマスクを外すと…また、違う言葉が出てきたわ(笑)同じような意味合いらしいけれど…。

 

???と良く分からなくなったワタシですが、今日はこれから3か月ぶりの会議です。いつもより広~い部屋で、換気をしながら、距離を保って、いつもより短時間で…とのこと。マスクは忘れちゃいけませんね。

 

では、行ってきます!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧-
/.,mn
\./,o@・。、mんbv   路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/

介護が必要になったとき。

今日は母の通院日。

f:id:sakura-design:20200612174712j:plain

友人から頂いたドイツスズラン

私は来客のため行けないので、代わりに旦那ちゃんが一緒に行ってくれます。

実は2年前から、放射線治療抗がん剤治療→経過観察→再発→抗がん剤治療と治療をしてきましたが、先々週に発熱があり一時ですが自力で歩くことができないくらいに身体状況が悪化してしまい、病院から処方された抗生剤と解熱剤を飲みながらの自宅介護の日々が1週間ほど続きました。

発熱の3日後には、入院による抗がん剤治療の予約が入っていたのですけれど、キャンセル。今の状況を考えると、今後は緩和ケアに移行することになると医者から説明を受けました。そうなると治療では無いので基本的にこの病院には入院はできないとのこと。これからの色々な不安がつのります。特に、父が生前、好き勝手に設計し建てた築42年の住宅はバリアフリーとは程遠い造りになっていますから、トイレに行くにも段差があります(笑)

母は、70歳くらいまで病気知らずで病院に通ったこともほぼ無く…80歳の今まで、あまり興味のない食事のこと以外(笑)自分のことは自分でできていたので、介護認定などを考えたことがありませんでした。

しかし、今回、それに直面してしまったわけです。

ちょうど4月に、町役場の担当課から「80歳を過ぎた方への連絡」ということで電話を貰っていて、少し話をしていたので、近々ケアマネージャーをお願いし認定に向けての話をしていきたいと思っています。

介護の日々は、手摺設置とか、段差の解消とか…色々なことを考えながら、仕事をしながら介護をするということの大変さをヒシヒシと感じる1週間でした。

熱が下がった母は…以前と同じとはいきませんが、ほぼ体調も戻り長距離でなければ歩けるほどに回復。今日は普通に歩いて車に乗り込み病院へ向かいました。
そして、元気になると…普通にわがままも戻ってくるということも再認識(笑)

きっと、このようなことを繰り返して一進一退しながら、これからの日々を過ごすことになるのでしょう。今日の状況なら…要支援か介護1程度かなぁ。熱が出るとあっという間に要介護3~4?になってしまう現状をどう考えてくれるか…うまく説明しなければなりませんね。

f:id:sakura-design:20200612174802j:plain

庭のシャクナゲ

建物の方は状況を判断しながら手を入れていこうと思います。

一応…プロなワタシですけれど、亡き父の介護、そして母の介護、自分が経験したからこそ気付くことは多いですね。きっと、人それぞれ状況や環境が異なるでしょうから「介護」と一括りにできないということが今更ながら良く分かったように思います。

日々の忙しい生活の中、共倒れにならないように施設にお任せするというのも決して悪いことでは無いと思います。そういった選択肢も考えながら柔軟に対応していくことが大切なのでしょうね。

「これが一番、こういうもんだ」という先入観は捨てて、一人一人の「こうあったらいいな」に向き合うことが無理なく過ごしていく秘訣なのかもしれません。

取り急ぎ…介護認定、がんばります!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧-
/.,mn
\./,o@・。、mんbv   路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/