あなた本意の家づくり

釧路の設計事務所、一級建築士事務所 設計処櫻のブログ

釧路の家づくり「なんか分んないけどモヤモヤする」と感じた時にはぜひご相談ください 。 女性建築士があなた本意の家づくりをお手伝いします。

杭打ちだぞ~!

こんにちは♪
 
晴天の釧路!気温もグングン上がってます。
 
が…
 
吹く風は涼しく…とっても心地良いのです 
 
 
 
そんな釧路でも、外で作業をする方は大変 
 
イメージ 1
 
昨日、やり方を出した時は夕方で日陰だった現場ですけど…
 
イメージ 2
 
晴天の今朝は、東南向きの敷地に太陽が照り付けます。
 
写真は、今朝8時から施行した住宅用のRC杭 
 
イメージ 3
 
このような、地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)を元に
 
支持層まで届くように、RC杭(200Φ杭長5.5m)を打っていきます。
 
 
まずは、オーガーで支持層の上まで穴を掘ります。
 
チラチラ見えているのは、アタシの大きな背中(笑)
 
 
その後に、RC杭を支持層まで挿入し…
 
最後に、重機の重さを載せて支持層まで入ったことを確認。
 
これを…1本ずつ、合計39本を施行していきます。
 
チラチラ見えてるのは、アタシの手ですよ~(笑)
 
 
 
先日の地鎮祭、本日の杭打ち。
 
根掘り(基礎の穴掘り)をいつにしようか検討し…
 
お盆の最中に基礎配筋の途中で放っておくのは危険と判断。
 
お盆明けから基礎工事を進めることになりました。
 
 
この土地、近くに遊歩道や公園が有って
 
とっても環境が良いところなんですよ^^
 
 
 
ということで、朝一で消してしまった記事とは
 
違う内容になってしまいましたけど…(笑)
 
 
これから、お家を建てられる方の参考になればと思い
 
施工風景を動画で載せることにしました。
 
 
 
あ…釧路町で正午に流れるイエスタデイが聞こえます。
 
なんで、イエスタデイなんでしょうね~?(笑)
 
 
***********************************************************************
ぱんどるさんコメントにて、地盤調査って必要?っていう
質問が有りましたので、追加で解説いたします ^^
 
 
平成12年に『住宅にも地盤改良が必要』という法律が施行されて
基本的に、どこで建てる場合でも地盤調査が必要となりました。

平成12年以降、色んなところで地盤調査をしてきたので、業者には
『付近データ』と呼ばれる、調査地から近いデータにより、ある程度の
判断はできるようになりましたが、それでも、10m離れるだけで
支持層が違う場合も有りますから、地盤調査は必要と成ります。

特に、釧路の場合は、杭が要らない地域のほうが少ないという
現状も有るので、必須ということになりますね。

ですから、家を建てる場合、施工会社に地盤調査結果を見せて下さい
といえば、必ずと言って良いほど見せてもらえると思います。
**************************************************************************
 
 
 
 
家づくり、設計監理料金などについてもっと詳しく知りたい!と思った方は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
イメージ 2