あなた本意の家づくり

釧路の設計事務所、一級建築士事務所 設計処櫻のブログ

釧路の家づくり「なんか分んないけどモヤモヤする」と感じた時にはぜひご相談ください 。 女性建築士があなた本意の家づくりをお手伝いします。

殺処分

\¤\᡼\¸ 1
 
 
 
 
 
 
 
最近、特に直視できなかった福島の家畜やペットのニュース。
 
置いていかれて餓死していった生き物たち。
 
放たれて野生化した生き物たち。
 
 
警戒区域」、瀕死の家畜を殺処分へ…福島県
 
遅い…遅いと思った。もっと早く動けなかったものか。
 
 
 
 
震災当初。
 
農業高校で飼育されていた牛が津波の被害を受けても
 
戻ってきたという明るいニュースも有りました。
 
漂流していた瓦礫の上から救助された犬…
 
他の家族は流されたけど、助かって保護された犬…
 
そういう生命力の強さを教えてくれるニュースも有りました。
 
 
 
今回の家畜のニュースとは次元が違うとは思いますが
 
今回の大震災をうけて、ペットを飼っている飼い主として
 
『避難する時は?』 を考えた人は多いと思います。
 
 
 
うちも、人間8人+ワンコ1匹+ニャンケ5匹。
 
まったく他人ごとではありません…^^;
 
 
実際、3月11日大津波警報の中、避難をした時には
 
まめ吉だけ、どこに隠れたか見つけられず置いていきました。
 
家に戻った時の不安そうな顔のまめ吉は忘れられません。
 
たかだか2時間くらいの話です。
 
それが1週間、2週間…1カ月。
 
福島のかれらは…どんな思いで過ごしたのでしょうか。
 
本当に胸が痛くなります。
 
 
 
でも、現実は人命が一番。
 
誰でも、そこに子供とニャンケやワンコがいて
 
どちらかしか助けられないとしたら
 
きっと…人間の子供を助けるのだと思います。
 
 
 
それでも…ペットを飼うということ。
 
それは、動物の命を自分たちが預かるということ。
 
私たち飼い主は、もっと自覚をもって
 
行動しなければならないかもしれれませんね。
 
 

 
今日の更新も、あなたの ポチ凸 が励みです♪
 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧-
/.,mn
\./,o@・。、mんbv   路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/