あなた本意の家づくり

釧路の設計事務所、一級建築士事務所 設計処櫻のブログ

釧路の家づくり「なんか分んないけどモヤモヤする」と感じた時にはぜひご相談ください 。 女性建築士があなた本意の家づくりをお手伝いします。

行政の責任。

\¤\᡼\¸ 1
 
 
 
 
 
 
さっきから、雪がチラついている釧路です ^^
 
いや~本日は、やる気の神様が影も形も見えなくて(笑)
 
YAHOOニュースなどを見ていたら、気になる記事。
 
 
 
耐震強度偽装>行政責任を認めず 最高裁判決
 
 
 
内容としては、耐震強度偽装事件で、解体・補修工事をしなければならなくなった
 
ホテルの経営会社らが、確認申請・検査業務を怠ったとして行政(愛知県・京都府)を
 
訴えていた裁判で、どちらも行政の責任を認めず上告を棄却し、行政側勝訴が確定。
 
このような裁判は、全国で十数件起きているそうですが、いずれも行政が勝訴。
 
建築物の安全性は一次的には建築士が確保すべきだ。
 
自治体は、建築士が義務に従っている前提で審査する。
 
ということで、全ての責任は【設計及び監理をしている建築士】にあるということですね。
 
 
これ、民間の検査機関だったらどうなの?って思うところだけど
 
実際に、有名な姉○元一級建築士耐震偽装事件では、民間の検査機関は
 
行政のそれと同等ということで、やはり訴えた施主側が敗訴しているようです。
 
 
 
 
なんだかね。
 
そんなもんなんですよね。
 
勿論!偽装した建築士が一番間違っているし、悪いです。
 
そういう建築士は、資格を失い実刑を受け社会的制裁を受けています。
 
被害者の方から見たら、納得できないような判決かもしれませんが。
 
 
 
でも、こうやって、立場も資格も守られる建築職の公務員や会社員たち。
 
彼らも、一級建築士だったり建築基準適合判定資格者だったりします。
 
だったら、もうちょっと・・・責任を科しても良いような気がしますけどね ^^;
 
 
 
 
木造住宅の建築で、営業や建築主から良く聴く言葉。
 
『ちゃんと確認申請が下りて検査しているから大丈夫でしょ』
 
でも、それが大丈夫じゃなくて大事になって大損したのが↑の事件ですよ?
 
木造だから、小さい建物だから、たかが住宅だから
 
なんて思わないでください。
 
されど木造。されど住宅。
 
多くの人は35年もローンを組んで建てるんです。
 
信頼できる建築士に、まずは相談してみませんか?
 
 
 
\¤\᡼\¸ 2
今日の更新も、あなたの ポチ凸 が励みです♪
\¤\᡼\¸ 2
にほんブログ村 釧路情報