あなた本意の家づくり

釧路の設計事務所、一級建築士事務所 設計処櫻のブログ

釧路の家づくり「なんか分んないけどモヤモヤする」と感じた時にはぜひご相談ください 。 女性建築士があなた本意の家づくりをお手伝いします。

忘れてはならない記憶

\¤\᡼\¸ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
1995年1月17日午前5時46分に発生した
 
のちに最大震度7と発表された大地震
 
阪神淡路大震災から、今日で16年経ちました。
 
 
 
16年前の、ちょうど今頃の時間。
 
勤めていた設計事務所でTVに映し出される悪夢のような映像を
 
所長をはじめ、スタッフ一同で言葉少なに観ていた記憶がります。
 
 
 
被害状況がハッキリと伝えられないままの放送で
 
一番最初に目に映ったのは、倒れた高速道路。
 
かろうじて、隣のビルに支えられて傾いているビル。
 
1階が潰れてしまっているマンションらしい建物。
 
そして、一帯が火事で黒煙が出ている地域の映像。
 
 
 
時間が経つにつれて被害の輪郭がハッキリと現れ
 
分かれば解るほど
 
目を覆いたくなるような被害状況が見えてきました。
 
 
 
この震災により、報道の在り方や救助の大切さなど
 
さまざまな常識が塗り替えられたことと思います。
 
 
 
塗り替えられたといえば、建築業界でも多くの変化が有りました。
 
大きくは、建築基準法の耐震に関する部分が改正されました。
 
関東大震災ベースで考えられていた、それまでの耐震基準では
 
直下型と言われる震度7には耐えられない。という改正でしたが
 
一部の報道では、倒れた建物などは施工的な問題も有ったような
 
ことを書いていた記憶もあります。本当のところはどうなのか…。
 
 
 
あの時には、人は皆「これを繰り返しちゃいけない」と思ったことでしょう。
 
尊い命を守らなければならない。
 
そういう建物をつくり、そして街づくりをしなければならない…と。
 
 
 
でも、人間は弱いのですね。時が経つと…
 
建築士の構造計算書偽造や手抜工事等の『人災』が起こってしまいます。
 
 
 
そしてまた、建築基準法が大幅に改正されました。
 
それでも…きっとまた、人間の弱さがどこかに出てくるのでしょうか。
 
 
 
あの悲惨なTVニュースを観た29歳のアタシを忘れないよう
 
これからも仕事をしなければいけませんね…合掌。
 

 
にほんブログ村ランキング参加中で~す!
ポチ凸-☆してくれると、と~っても嬉しい!励みになります*^^*
今年の初ポチいかがですか?(笑)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧-
/.,mn
\./,o@・。、mんbv   路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/