あなた本意の家づくり

釧路の設計事務所、一級建築士事務所 設計処櫻のブログ

釧路の家づくり「なんか分んないけどモヤモヤする」と感じた時にはぜひご相談ください 。 女性建築士があなた本意の家づくりをお手伝いします。

おうち近くの雨水マスは大丈夫ですか?

爆弾低気圧の影響で災害級の大雪に見舞われた釧路地方。

sakura-design.hatenablog.com

うって変わって昨日から…最高気温がプラスと暖かい晴天!

f:id:sakura-design:20200307172307j:plain

f:id:sakura-design:20200307163843j:plain

ピュシス・Nの現場も順調に工事が進んでいます ^^

 

北海道とは言え、いつもは雪が少ない釧路にとっては災害級の降雪量だったので、道路の排雪はおろか除雪も追いついていない感じで、色んなところがとっても走りづらい。

つい5分くらい前に、うちの仕事場の横で近所の車がスタック…旦那ちゃんと押して救出しました。うちのルークス君はスタックしないのに…LEXUSさんはスタックするのね( *´艸`)

道路の除雪については、かなりの苦情があるようですが…ここまで降ったら仕方がないのだと思います。あとは暖かい日が続いて解けてくれれば…なのですが。

 

実は、火曜日水曜日とかなりの雨が降る予報になっています Σ(・ω・ノ)ノ!

雨が降ったら雪が解けて良いじゃん♪って思うでしょ?

でも、それは大間違い!!

今シーズンは、雪が少ない上に気温が10℃以下という寒い日も多かったので、地盤が凍っています。暖かい日が続くと表面の数センチは解けますが、その下は氷。まぁ、毎年のことですが、今時期は未だ60センチくらいの凍結が予想されます。(※豆知識:これを凍結深度といい、基礎の深さはこれ以上深くすることで基礎の凍上を防ぐため、釧路市は1.0m、釧路町は1.2mと決められています。)

地盤が凍っているという事は、水が土の中へ浸透しません。なので、雨が降ると、その降水量+雪解け水が地表を流れることになります^^;

地表を流れる雨水は、道路にある「雨水マス」から道路の下にある雨水管を通して放流されます。

これが雨水マス。

f:id:sakura-design:20200308111339j:plain

多分、道路の敷地脇、若しくは、道路と歩道の間、家の前の道路に数メートル毎にあるはずです。

ただ、除雪車が入った後は、雪山の下に埋もれてしまっていることが多いです。

この雨水マスが埋まっていると、道路の水が流れず家の前がプールのようになってしまう恐れがあります。

それは行政がやることなんじゃない?と思うかもしれませんが、先にも書いたように今回は災害級の大雪ですから、できるだけ私たちで対処する必要があると思います。

雨が降って大変だ~!となる前に、今一度、ご自分のお家の前にある雨水マスをご確認ください。

もしかすると降雨量によっては、それでも溢れてしまうこともあるかもしれませんけれど、全く流れないよりも少しでも流れる状況にしておく方が安全です。

雪が圧縮して氷になる前に、今日あたりならまだスコップで簡単に雪をどけることができると思いますから、ちょっと頑張ってみましょう!!!^^

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道釧路情報へ   ← ランキングに参加しています。
にほんブログ村   どうぞよろしくお願いします(^^)/