あなた本意の家づくり

釧路の設計事務所、一級建築士事務所 設計処櫻のブログ

釧路の家づくり「なんか分んないけどモヤモヤする」と感じた時にはぜひご相談ください 。 女性建築士があなた本意の家づくりをお手伝いします。

『窓一丁!』追加おねがいします(^^;

今日も おはようございます(^^)

超久々、5日ぶり?のUPです(^^;

なんだか忙しいわけで。

というのも…

年内ギリギリ間に合う?って感じの駆込み物件の確認申請がピークでして(^^;

それと、完了検査や現場監理が重なって、尚かつ調査物件も有ったり…

その合間をぬってのプランニングも有ったり…

それと、大きいのは「北方型住宅ECOモデル事業」の物件も有って

これが、いまいち良く判らないわけで…気持ち的に余裕が無い(笑)

時間的には、多分、そんなんでも無いとは思うんですけどね~(^^;

いや~、『気持ち的余裕』っていうのは実に重要なんだな~って実感(爆)

ど~んと構えるしかないんでしょうけどねぇ、なんせ小心者なので…

「ショウシンモノ?ゼッタイチガウデショ…?」って突っ込みは入れないように(笑)



さて、気分を変えて…太陽と眺望を楽しむ家(^^)

イメージ 1

こんな感じだったのですけど…

イメージ 2

サッシが搬入されて…

取り付けられて、透湿防水シートが貼られて、こんな感じ。

イメージ 3

内部では、換気システムやガスなどの配管、窓枠の施工も進んでいます。


先日、施主と一緒に現場を確認に行ったところ、とある感想が。

「1階のお母さんの部屋が、なんとなく暗く感じる」

「お母さんの部屋」というのは、同居する奥さんのお母さんの部屋で

リビングと寝室を兼ねる9帖の洋室に3.5帖のキッチンと収納があるのですけど

確かに、日当たりの良いところに配置した割には暗い感じもするかも。

部屋の広さの割には窓を多く配置して有るのに?(^^;

ただ、今は周りが防護ネットで囲まれているのと、合板と木の色しかないから

暗く感じるのは当たり前と言えば当たり前なんですけど…。

でも、確かに、思ったよりは暗く感じる。



ということで、『窓一丁!追加お願いします!』ということに(笑)

つけるのは、キッチン横の壁に縦スリットの細い窓。

ここなら構造上も問題無し。

多分、この窓をつけなくても、完成後は充分に明るいのだと思いますけど

視覚的開放感を得るためには、窓が有った方が良い!ということで決断です。



棟梁にお願いしたところ「いいよ~」と気持ちよく了承してくれました。

棟梁も「ここに窓が有った方が良いのにな~」と思っていたらしい(^^;

ということで、一件落着。う~ん…現場って勉強になります(爆)


今日、土曜日は、壁の吹込み断熱の施工予定。

これが終わったら、ユニットバスの組立や、室内壁プラスターボードなど

目に見えて進んでいく工事になってきます。


そんな中、洗面ボウルや照明器具、造作キッチンのタイルや目地色…

そして、扉や引き出しの取っ手も絞れてきて決定間近。

11月初旬完成予定で突っ走っていくことになりそうです(^^)